カナガンドッグフード ウェット

カナガンウェットフードはドライフードと何が違う?

カナガンウェットフード

カナガンドッグフードにはドライフードだけでなくウェットフードも販売されています。

 

同じカナガンのドッグフードなのですが、ドライタイプとウェットタイプではどんなことが違ってくるのでしょうか。

 

基本的には同じ原材料が使用されていますが、ドライフードとウェットフードでは工程が違いますので、細かい点で原材料の違いというものはあります。

 

ウェットタイプの方が香りが立ちますし、お肉の栄養や野菜の栄養もぎゅっと詰まっているので、ワンちゃんが美味しく食べてくれますよ。

 

また、製造国はドライライプの場合はイギリス、ウェットタイプの場合はドイツで作られているという違いはありますが、どちらも品質管理の行き届いた工場で製造されているので、安全性という面では問題ないでしょう。

 

ドライタイプでもウェットタイプでもどちらでも栄養価が高いのは変わりませんから、ワンちゃんが食べやすい方を選ぶのが一番いいと思いますよ。

カナガンウェットフードはトッピングにも使える!

カナガンドッグフードのウェットタイプは全犬種、全ライフステージに与えることができるので、主食として与えることができます。

 

栄養価の高いレシピですので、そのままメインフードとして与えるのもいいですが、ドライライプと比べると量が少なくなってしまうのが気になるところではありますね。

 

そんなときはカナガンドッグフードのドライタイプをメインとして与えて、ウェットタイプをトッピングとして使うのも一つの方法ですよ。

 

同じブランドのドッグフードであれば食べ合わせは問題ありませんし、ウェットタイプのフードが混ざることでワンちゃんも食べやすいというメリットが生まれます。

 

ドライフードではなかなか食べてくれないワンちゃんでもウェットフードの香りの良さを感じることでしっかりとご飯を食べてくれるということにつながります。

 

どんなに高品質なドッグフードでも食べてくれなければ意味がありませんから、食欲をそそるようなきっかけを与えてあげるといいかもしれません。

 

ウェットタイプならではのメリットを生かしたドッグフード選びをしてみるのも愛犬のためになるのではないでしょうか。

 

>>最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』公式サイトはコチラ